美容外科クリニックの医師求人特集

TOP >> 美容外科の医師求人事情 >> 美容外科勤務の医師平均年収は?

美容外科勤務の医師平均年収は?

美容外科に勤務する医師の平均年収は様々な意見がありますが、2500万〜5000万円とも言われており、ネットなどで口コミされている高いものでは8000万円とも言われています。これは同じ医師の給料と比べても、かなり高額な給料だと言えます。

美容外科に勤務する医師の平均年収がこのように高めな理由は、評価によって給料がアップするシステムにあります。通常、病院に勤めている勤務医の給料は、働く年数によって基本給料が決まり、その他夜勤などの手当を加えても数百万というのも少なくありません。このような仕組みで、まだまだ勤続年数や経験が評価に対して多くの比率を占めるのが通常の病院での評価です。しかし美容外科医師には勤続年数はそう関係ありません。要は患者の求める施術を的確にこなせるかということです。この時大切なのは「美的センス」です。このセンスがないと、同じ二重手術でも「こうなるはずじゃなかった」というお客様のクレームにつながり、それは自分の評価を下げる影響を与えます。一方で、美的センスが人より優れている場合は、患者が求めていた的確な整形手術を行うことができます。合わせて、美容外科医師には丁寧な説明や医療知識はもちろんですが、何よりコミュニケーション能力が問われます。「美しくなりたい」とやってきた患者の本当の悩みやコンプレックスを刺激しないように、整形手術のアドバイスをする必要があります。「ブスだから」と言っている患者に対しうなずくと、「ブスだと思っているんですか?」というクレームにつながりかねません。女性の悩みをしっかり聞く一方で的確なアドバイスをし、患者が満足のいく姿に近づけるように最大のお手伝いができれば評価は上がります。ですから勤務年数や夜勤の回数は関係ないのです。患者の評価によってどんどん給料が上がり人気の医師になれば、当然給料はこの平均額を超えてどんどん多くなっていくのです。

但し、美容外科で働く医師には大きな責任が1つあります。それは美容外科手術が必ずしも万人の体に適合するわけではないということです。つまり、やりすぎや体質によっては大きく失敗し、それによっては美しくなるどころか顔が酷く変形してしまうような失敗例もあります。このような事態を招いてしまってはもちろんクレームにつながりますし、健全な人を健全でなくしてしまったことに責任を感じるでしょう。賠償金などはクリニックが保証しているところがほとんどですが、精神的に大きな負担があることも念頭において美容外科医師という仕事を見つめる必要があります。

>>美容クリニックの求人探しなら!人気の転職エージェントを確認する<<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2016 美容外科クリニックの医師求人特集 All Rights Reserved.